読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

透明芸人

全国を飛び回るドサ廻り芸人の日々のことと周りのこと。他には音楽/服/漫画/お笑い/カルチャー全般/ビスケッティ

売れたい

沖縄国際映画祭に行って来ました。今年で2年連続。嬉しいです。

 

国際映画祭は人気が無いと出れないイベント。社内認知も勿論。そりゃそうだ。だって沢山の人が来るからみんなが観たい人を出すよ。

 

色々なお仕事をさせてもらえるようにはなったけど、まだ足りない。何が足りないかと言うと仕事をしにいってるのではなく、させてもらえるようにならないといけない。

 

オファーがない。

 

悔しいものですよ。それは。

それと同時に自分の力不足を実感します。

 

人気商売ですから。人気と認知を今はとっても欲しい。

 

まぁ愚痴ってもしょうがないのですが。沖縄は楽しかった。

 

こんな僕にもわーとかきゃーとか言ってくれるんだもの。売れたんじゃねーかと勘違いしちゃうから。

 

来年はネタステージ。若しくはレッドカーペット。

 

その次の年は相方は安倍さんじゃなくて我々は全くの素の状態でステージに上がれるようになります。

 

がんばるんば。

最近のこと。

先日テレビの収録に行かせて貰えた。コンビで初の地上波だ。嬉しいに決まっている。

 

それもこれも相方のおかげでしょう。僕が芸人としてやれているのは相方のおかげ。それがなかったら今頃落ちぶれに落ちぶれているはず。

 

こういう収録では沢山の大人と沢山の芸人がいる。今日の楽屋もそうでした。初めましての方もいる。

でもいつもと違うのが皆様とっても優しく接してくれた

僕みたいな何処ぞの馬の骨の奴にもだ。嬉しいな。嬉しい。

 

最近は本当に少しづつだけど仕事の幅が広がってきている。気がする。ちょっと前まではテレビの仕事なんぞ記者会見とかくらいなもので。

 

相方とよくお話をする。我々が今必要としているのは圧倒的に知名度だと。

 

日本全国色々な場所、色々な現場に行く。芸人が我々だけという所も珍しくない。

 

その時に少しでも見たことある知ってるのと、まったく知らない誰やねん状態だとは雲泥の差がある。まぁそれでも関係なくやるのだけれど。

 

その空間に楽しかったなを提供する為にはお客様にお得感を得て帰ってほしい。見終わったあとに誰かに自慢したくなってほしい。

 

その為にはしっかりとした一般知名度を確立しなくてはならない。

 

その為にもコツコツと。準備はしっかり。やることをやる。手を抜かない。必要以上のサービスを。でも無理はしない。

 

今日もいい天気。どこかの現場に行ってきます。

ガラスのハート

昨晩はイベントに呼んでもらいDJをしてきました。

 

結論から言うとクソみたいなDJタイムをお届けしてしまった。

 

そりゃ失敗もするだろうと思うけど。余りにもテンパり過ぎた。あぁどうして僕はこんなにもメンタルが弱いのだ。

 

失敗は成功の元

 

という言葉がある。本当にその通りだとは思う。何事も経験だし、現場はとても流動的。箱やお客様の感じ、何を求めているのかを瞬時に感じ取らなくてはならない。

先人の方や歴史の中で沢山の失敗があったと思う。その度に試行錯誤を繰り返して今があるのだとも思う。

だから今回の経験は自分の成長として大事なことだったのだろうと思う。

 

思う。

 

思うのだけれど。

 

そもそも失敗を糧に出来る程のメンタルを僕は持ち合わせてない

 

くよくよすんなと言われても。そりゃするさ!

 

久しぶりに夜中自転車で走りながら叫んださ!

青春だったらいいのにね!

 

落ち込んでるのには他にも理由がある。

主催の方に終わった後封筒を頂きました。

「今日はありがとうございました!これどうぞ。吉野家食べられるくらいですけど笑」と。

 

イベントに出たので謝礼を貰った。

 

家に着いて封を切ると目を疑った。

 

あんなクソみたいなDJタイムをお届けしたのに吉野家10回分程の金額が入ってた。

 

僕の心は砕け散った

 

仕事柄報酬を貰う。要するにギャラ

10分ネタをやっていくらの時もあれば1日稼働していくらみたいなこともある。

 

でも昨日はアホみたいな顔して会場行ってお酒おごって貰ってクソみたいなDJタイムをお届けした僕にギャラ

 

なぜ僕はあの時受け取ったのだろう。僕は受け取る資格がない人間だ。

 

とどめを派手にくらった

 

あぁなんて僕はゴミみたいなんだ。

 

慰めの言葉をかけないでおくれ。

 

来週14日下北沢ベースメントバーにてイベントに出る。

 

その時にはきっちりと仕事を。役割を果たしたいと吉野家食べながら思った。

ものづくりの大変さ

新年度になりました。

 

芸歴も真心込めて8年目。若手なのかなんなのか微妙なラインになってきましたね。

幸先の良いスタートが切れたかどうかはまだ今のところは分からなく。ですがいろいろなことを始めたり作ったりとなかなか大変です。31年生きてきて最近初めて1日短いなと思いました。

 

まずはYouTubeチャンネルが出来上がりました。

日々編集の作業に追われています。僕がやっているわけでは無いですけど。

いや、少しはやっていることにしておこう。

 

是非とも観てください。

【政見放送】よしも党 ビスケッティ 【自己紹介】 - YouTube

 

あとは昨年ごろから水面下でやっているバンドを今年はより活発にしたいなと思ってます。

メンバーの才能があるのですが全員腰が重いのでなかなかやらないのですが、昨日だってスタジオに入ったらまぁいい曲ができちゃったんです。近いうちにお披露目できれば良いですね。

 f:id:namaraatushi:20170403143851j:image

 

あとは楽しそうなお仕事の案件が来そうな予感があったりなかったり。

 

てなわけで。最近はものづくりに励んでいます。もちろんネタもそうなのですが、曲を作ったりおもしろ動画を作ったり。やり始めて思ったのが

 

めんどくせぇ

 

という言葉です。もちろん嫌々でやっているわけでは無いのですが。やりたくてやってるので悪しからず。

何かを作り上げるということは、すんごくたくさんの工程があってそれに対して使う労力というのが半端じゃなくて。知識はもちろんそれを使いこなせる能力も不可欠。パソコンなんてそれの最たるもの。

むちゃくちゃ便利なのだけれどメカに弱い僕にはちんぷんかんぷん。

ものづくりは1人ではできないです。いろんな方に教えてもらい力を貸してもらってやるものです。

 

感謝の気持ちと尊敬の念が非常に増えました。僕の周りの人は凄い人だらけですね。

 

今日も一日パソコンとにらめっこして、あんなこといいなこんなこといいなと考えて。それを実現させるために頭を悩ませて。

 

仕事がないと嘆くなら、自分でなにかをやってみよう。

 

そう思いました。

 

1日早いな。

北海道ロケの感想文

北海道にてロケでした。スープカレー激ウマ。

f:id:namaraatushi:20170331192204j:image

 

かっこいいですよね、ロケですって。偉くなったものです。

 

今回はアイドルの皆様と春の強化合宿と題しまして、スキルアップをする為に様々な挑戦をするというもの。それの仕切りという大役を任せていただきました。

どこぞの馬の骨ともわからん下々の僕らを使ってくれてありがたい限りです。

f:id:namaraatushi:20170331192315j:image

 

今回のお仕事は様々な縁があってのもので。毎回のお仕事を一生懸命やってたからご褒美的に貰えたものだと思ってます。

そのご褒美もしっかりと僕の為になるようなそんなありがたいものでした。

 

ロケの仕切りなんてほぼやったことはなく、そして盛りだくさんの内容。初めての事だらけで不安だったことをここに報告します。

f:id:namaraatushi:20170331192238j:image

 

制作の方々が「もうお二人にお任せします。好きに楽しくやってください」と言っていただき、肩の荷が下りました。

f:id:namaraatushi:20170331192202j:image

 

もちろんきちんとやる事はやるつもりでいましたし、これからもそれは変わらないと思ってます。

が、今回はいい意味でふざけさせて貰えました。

f:id:namaraatushi:20170331192357j:image

 

それも全部楽しんで貰えてたし、それがとっても嬉しかったです。大人の皆様ありがとう。

 

そして、ご一緒してくれたアイドルの皆様。ゲストの皆様。

本当に感謝しています。皆様からしたら売れてもいない無名の芸人が自分達を仕切るなんて不安でしかなかったと思います。

でも本当に一生懸命で自分に無いものが沢山あって、単純に凄いなと感じました。それに凄い面白かったし。

 

僕はそんなに利口な方ではなく、頭も良く無いので次の仕事につなげようだとかここでアピールしておけばとか、上手くできなくて。本当はこの世界では大事なのだろうけど。そういうことで悩んだこともありました。

でも最近は目の前のことをできる限り一生懸命やるということにしてます。先の事はわからないですし。

その結果が何かに変わってやってくるもんだと。毎回それの繰り返し。

 

明日から新年度。やっとなんとなく分かってきた僕の仕事のやり方。まだまだひよっこ。これからも頑張ります。

f:id:namaraatushi:20170331192410j:image

 

ちなみに今回のロケの模様は4/18の20時から。KawaiianTVにて放送。

URLはこちら→jumjumjumbo -KawaiianTV-

是非ともご覧くださいませ。

 

 

 

 

 

 

相性の問題は時間が解決してくれると思う。

北海道出身の僕が目指しているものはレペゼン札幌です。

 

ゆくゆくは札幌の代表として言ってもらえるような人になりたいと思っています。故郷に錦を飾るのが目標。

有難いことに、地元にお仕事で帰ることも少ないですができるようになりました。ありがとう相方

いまは東京というコンクリートジャングルで埃を食べて雨水を飲む生活をしているのですが、僕は言いたい。

 

東京は寒い

 

北国出身の僕が言うのだから間違いないです。そんなわけないだろと思うでしょ?そんなわけあるのです。

東京の寒さはレベルが違う。体を切り刻むような冷たさがあります。生まれてからこのかたダウンジャケットを着たことがなかったのですが、東京に来て着始めました。

 

そんな時にあなたはヒートテックという文明の利器を身に付けていると思います。知り合いの方は

 

ヒートテックはもはや素肌の一部

 

とまでの愛好家っぷりを発揮してました。

 

人の事をとやかく言うつもりは毛頭無い。けども僕はヒートテックは着ない。

 

物事は理由というものがある。なぜ着ないのか。

 

なんかダサいから

 

ヒートテックで頭に浮かぶのは長袖のタイプのものだと思います。あれが絶妙にダサい

もちろんあれは肌着なので基本的に人に見せるものではない。のだけれども。

 

僕は重ね着というものをあまりしない。暑がりの寒がりなので温度調整をしやすいように、上に脱いだり着たりしやすいものを身に付けるようにしている。

ヒートテックを着ていた時にもしもちょっと暑いなとなった時。それは今この世でいちばんいらないものに変わってしまう。

 

そしてもうひとつ。ヒートテックタイツだ。

 

これはももひきだ

 

これはナウいヤングが履くものではない。それに足が寒いと感じたことはほぼ無い。

 

そんな僕から迫害をうけているヒートテックだが唯一なかなかやるじゃんと思った商品がある。それが半袖ヒートテックだ。

 

ドサ廻りをよくする僕にとって、真冬の屋外に長時間いるということは多々ある。

そういう時にはジャンバーは着れない。なぜなら衣装というものがあるから。そんな時に半袖のヒートテックを着てみた。

おおこれはなかなか。いい感じに暖めてくれるじゃないかとなった。が、数時間経過したら

 

暑いな

 

そこからはタンスの肥やしになっていった。

というかそもそも僕とヒートテック相性があまりよくないのかもしれない。

ヒートテックに罪はない。ただ僕が悪いんだ。ごめん。ヒートテック。いつか分かり合える時が来るといいな。

 

 

 

 

 

憂鬱な気持ちをどうにかこうにか

朝起きてバタバタと準備をするも、必要なものがなぜだか見つからない。

お気に入りの服を着たいのに洗濯中。

傘がないのに雨が降ってくる。

急いで電車に乗りたいのにチャージが足りない。

など。なんだか上手くいかない時はありませんか?僕は割とあります。その度にワーワー喚いたりひどく落ち込んだりします。最終的には笑えてきます。

昔は周りのせいにしていました。言い訳や自分は間違えていないということを言い聞かせ、自分のせいではないということにする為に。ひどくわがままで自己中心的な考えだなと今では思います。

今はそういうことが起きるたびに

 

「今日は上手くいかない日かもしれない」

 

と言います。そう自分に言い聞かせるのです。

諦めるということを覚えました。大人になったなぁ。これはある意味ポジティブに自分の気持ちを持っていくように働きかけています。

 

今日は上手くいかない日だから必要なものが見つからない。

今日は上手くいかない日だからお気に入りの洋服が洗濯中。

今日は上手くいかない日だから傘がないのに雨が降ってくる。

今日は上手くいかない日だから急いで電車に乗りたいのにチャージが足りない。

 

というようにそう思えば自然と諦めがつくのです。

だからと言ってダラけたりどうでも良くなるわけではありません。自暴自棄とはまた違うのです。ノーメンヘラ。

今日は上手くいかない日だと思っておくことでこれから起こる事、自分に対しての

 

期待値のハードル

 

をぐんっと下げることができるのです。するとどうでしょう。何がきてもさほど落ち込むことはありません。

 

自分に期待をするからガッカリするのです。

 

舞台でもそうです。渾身のおもしろボケ、こりゃおもしれーや!と思ってもツンツルテンに滑ることだってあります。その時の動揺とか落ち込みっぷりは相当なものです。

ですがうけないかもしれないと思って出したものが感触が良かったときには

 

自分天才なんじゃないかな

 

と思うことができます。あんまりないですけど。

 

ネガティヴなんかではありません。自分の幸福のレベルをぐんと下げることにより不幸のレベルも下げている。すなわち、落ち込むことが減りストレスが減るということになります。

 

明日からも仕事だ学校だとあると思います。気の乗らないときもあるでしょう。そういう時には

 

「今日は上手くいかない日かもしれない」

 

そう声に出して1日明るく笑顔でいきましょうね。するとお家に帰ってきた時には

 

なんだかいい日だったかも

 

と思えるはずです。